今、一番アイドル力があるのは太田夢莉!

2017.06.19 Monday -



今、相当批判にさらされている須藤凜々花の結婚発表の件を一日経って少し冷静になって振り返ってみて思うのは、今でこそめちゃくちゃ叩かれてるけど、何年か過ぎて過去を振り返ってみたとき、AKBグループ的にすごい意義のあることをやったんじゃないかとちょっと思うようになっています。

これは、須藤凜々花というキャラクター(内面)を考えていくと次第にわかってくることで、例えば、なぜ総選挙のあの舞台で誰もが批判するであろう(予想できる)結婚発表をあえてしたのか?という部分については、もっとそこを深く考える必要があるのではないかと思う。

この際、恋愛禁止なのに恋愛していたという部分は一旦置いておこう。

これも重要ではあるが、この部分を一緒に混ぜて考えると、本質が非常にわかりにくくなってしまうからだ。

今の一番の謎(彼女にとっての真意、目的)は、なぜあの舞台を選んだかということだろうと思う。

そこで、まず須藤凜々花の性格について少し考えてみよう。

まず、いろんな発言を見る限りバラエティ的に空気の読める子ではないという部分(マイペースさ)があり、さらに著書の”人生を危険にさらせ”からもわかるように、物事を普通の人が思っていない角度(レベル)で哲学的に考える(ある種、達観した物の見方)節があるということ。

なので一般的に多くのAKBファンが反応したような、今回の批判は、やる前から想定内だろうし、そこはあまり気にしていない、すでに飲み込んでいると思われる。

っというか、それはわかりきった上で行ったと見るべきで、あの現場で結婚発表するというのは、その場で思いついた訳でもなく、前もって計画されたことを静かに冷静に実行に移したと思われる。

実際にショールームでの予告があった訳で、テロリストや革命家が予告してから実行に移すのと同じような用意周到ぶりの知能犯だと思う。

そして、その行動には、何かしらAKBグループにいたことを最後に残したい(やりたい)信念があったと考えるのが普通だろうと思う。

それが、やはり学問を勉強してきた人間の取る行動(パターン)または、影響を受けた哲学者からの教えだと思う。

ただ、目立ちたいからという、安易な理由で世間をただ騒がせるという、バラエティ的な発想では絶対にやらないと思う。


次に、気になるのが、好きな人がいる、そして、結婚する宣言のみで発言を留めたところだろう。

ここで気になるのが、なぜ結婚発表にプラスして、卒業発表を一緒にしなかったかということ。

普通に考えれば、恋愛して自己申告したのなら、自身の卒業とセットに考えるのが、普通の発想だと思うし、ある種のAKBグループメンバー的な責任の取り方だと思う。

自分も昨日の段階では、ここの謎がよくわからなかった。

しかし、今思えば、須藤凜々花が結婚発表までで”あえて”留めた理由は以下になるのではないかと想像する。


ただ、それを語る前に、まず、AKBの恋愛禁止ルールのこれまでの流れを客観的に見ておく必要がある。

AKB的には、これまで恋愛禁止というルールの問題は、ほぼ毎年どこかで起きていて、本当にAKBは恋愛禁止なのかどうかすらよくわからないほど、グレーになりすぎていて、AKB的にこの問題の扱いが、メンバー、ファン含め、非常にデリケートでよくわからない問題になっている。

指原さん以前は、しっかりルールと罰則が徹底されていて(一応)、すべてが公になっていたが、指原さんの移籍で処分保留となったことで、それ以降、峯岸みなみの研究生降格を最後に、運営は、直接的な判断による、罰則を公に下すことはなくなり、罰則は、メンバー個人の卒業判断(自主卒業)という形に次第に変わっていった。

その後で起きた、みるきーや柏木さんに関しては、結果的にみるきーはいろいろあったのち自ら卒業することになったが、柏木さんは、そのまま微妙な空気が流れたまま現在の状態になっている。

ちなみにその後も、どこまで事実かどうかは、わからないが、西野未姫や大和田南那、大島涼花も上記問題に絡んで、卒業になったような、なってないような、非常に問題がうやむやになったまま結局卒業という事実だけが残ったという形になっている。

このAKB的に風紀が乱れてる問題については、上記の卒業していったメンバー含め、岡田奈々がスピーチですでに指摘のとおりだが、結局のところ内側から一部の人間が(メンバーがメンバーに対して言ったところで)この問題をどうにかしようとしても、一向に改善がみられない状態が続いている。

結局のところ、なぜ頻発するのかは、それは、運営が問題をひた隠しにすることで、問題が世間的(AKB内)にそれほど大きくならず、とりあえずルール違反したメンバーが卒業さえすれば問題ない、それで終りという風な低い自己責任レベルで語られて、済んでしまうからだと思われる。

これは昔(指原さん以前)と比べてみればわかるが、昔は一人が乱すと、ある日の握手会で罪人的な公開さらし首、さらし者になるような状態にさせられ、さらにそこで終わらずしっかりそのメンバーは卒業もさせられていた訳で、それはファン、メンバーともに、メンバーが恋愛したことによって、スタッフ、メンバー、ファン含め、誰も得をしない悲惨な状態になっていたわけだが、指原さん以降は、逆転力ではないが、そこをバネにして、復活できるようになった一例が出来てしまった。

また、この指原さんの博多移籍による、秋元康の卒業処分保留の判断は、今までの罰則規定では、ほぼメンバーすべてに対して平等に同じ罰則が適用されていたのに対し、ここの指原処分以降、運営、秋元康判断によって、罰則に特例がつくことになった。

それは、メンバーによっては、恋愛しても卒業にならない、だ。

AKB恋愛禁止ルールの中である種の独断を入れることで、罰則の可否の判断が可能になってしまった。

なんか憲法9条の集団的自衛権の解釈論みたいになったが、これが日本国にとっても問題がはっきりしないばかりで良くないが、AKB的にも非常によくない流れになった。

この問題の本質は、個人によっては、罰則の質が異なることにある。

今まで恋愛禁止のルールは、国家にあたるAKB運営が平等に国民にあたるメンバーに直接、罪による罰則(刑)の審判を無慈悲に下していたのだが、指原さん以降は、単なる個人的な問題、運営の裁量ですべて勝手に独断で判断されるような状況になった。

今までは罪と罰(刑)が事前に明らかになっていた罪刑法定主義がきっちり一応機能していた法治国家だったのが、指原さん以降は、君主(運営)判断で罰則(刑)に裁量が加えられてしまうような、ファンからは何が起きてるのかわからない、ひどく閉じられた封権的なシステムになり下がってしまった。AKBは自ら退化した。

ちなみにこの個人によって罰則が異なるという新ルール(解釈論)の導入は、それだけに留まらず、今までグループ内にあったメンバー間の連帯感を著しく失わせる原因にもなった。

あの子はいいけど、私はダメ。

これは、ある種、見方を変えれば、AKB特権ともいえる。

特権を持ってるメンバーなら、罪を犯しても処分されないと言い換えることもできる。

特権を持つものと、特権を持たないものが同じ集団(グループ)で同じように生活するようになった。

この不平等ルールの中で協調性と連帯感を維持し、育むのは非常に難しい。

今までは、同じ規範(恋愛禁止)の基で生活している(すべてのメンバーに同じ様に罰則が与えられる)という規範が少なからずすべてのAKBメンバーが共有していて、その連帯意識が、集団的団結(共同体)を支えていたと思うが、新ルール適用以降は、その連帯感(緊張感)が壊れ、失われたし、ルールに対する不信感も募ることになった。

また、この指原さん以降は、恋愛違反でも悪いイメージが挽回できたことで、イメージ的にも昔ほど悪い印象がなくなってしまったのも要因だろう。恋愛も笑い飛ばせれば良いような空気に変わった。

そして、ここで一番の重要な問題は、その後の、みるきー、柏木さんの例を見てもわかるとおり、今までの恋愛問題は、AKBグループ全体が共有する集団的問題であったが、メンバーによって裁量がくわえられるようになってからは、その違反したメンバー個人の責任だけが追及される問題(個人の技量で処分が判断されること)へとすり替わってしまったことだ。

今までは、メンバーの恋愛問題は、運営が一緒に表に出て監督責任を取り、そして、メンバーに対して刑を執行する(卒業させる決断を下す)ことで、責任を共に担っていたのだが(スタッフとメンバーが共に罪(問題)を共有)、みるきー、柏木さん以降は、表向き、運営は何も決断しなくなった。

運営が決断しない(卒業させない)ということは、その責任の所在は、違反したメンバー個人がその罪をひとりで背負うことになった。いわゆる自己責任。

しかも、自己責任と言えど、ビジネス的なことも絡み、違反したメンバーが自身で卒業判断も下せない、妙な内輪事情も絡み、罪はあるのに、刑が何も執行されない宙ぶらりんの状態なんかも起きた。

そして、このみるきー、柏木さんを経た後は、西野未姫からの新しい流れがあり、運営が表向き決断を下さないが、メンバーが自主的に卒業発表だけしていくという、リストラ的方法に切り替わり、AKBの恋愛問題は、グループ全体の問題から、メンバー個人の自己責任問題へと葬られていくだけでなく、違反したメンバーが卒業すれば問題が片付くという、グループ(集団)の問題とはかけ離れた違うところで、処理されるようになった。

これによって運営は、メンバーの恋愛問題による監督責任から手を引いた形になった。

そして、その後は後ろからメンバーに手を回し、肩を叩くことで(自主的な卒業をとらせることで)、直接的なダメージも一切負わなくなった。

ここまで見てきて、AKBの恋愛禁止問題の本質というのは、メンバーが恋愛をするという一時的な発生状態のことよりも、その都度、運営が一緒に頭を下げて監督責任を取ってるかどうか、個人問題から全体問題への回帰が一番重要なのであって、この部分が過去にあり、現在のAKBになく失われた部分の違いであり、過去にあったAKB全体の連帯感、風紀を形成するのに必要であった要素のひとつであったと思われる。

さて、そこでようやく須藤凜々花の結婚発表の件だが、なぜ”あえて”卒業発表はせずに結婚発表で留めたままにしているのか”、なんとなく理由がわかったんではないだろうか。

須藤凜々花が狙っているのは、AKBの恋愛問題の個人問題から全体問題への回帰だろうと思う。

ちなみにその後の記者のインタビューでも須藤凜々花本人は、口を濁して、卒業します(自ら責任を取る)とは言っていない。なぜあれだけ批判されても言わないのか。信念(他に目的)がなければ(事態を早く収拾したいだけなら)、すでに言ってしまえばいいし、そのほうが良いと思う。

風当たりが竜巻のごとく吹き荒れてる訳で、早く楽になりたいなら自身で決断すれば一端の収まりは見せるであろう。でもなぜかそうしない。卒業のカードは持ちつつ、運営に身を任せている。
 

 

恋愛問題を自ら公にしてるのに、その処分の決断は、運営の決断が下るのを待ってるような非常に曖昧な態度である。

謎の行動だ。


もし上記に書いたのが動機として正しいなら、運営が公に決断(解雇)するまで、絶対に自らの口では卒業するとは、言わないであろう。


この意見は、もちろん想像の域を出ないが、もし自分が須藤凜々花なら、一番注目度が高い、総選挙のステージで、恋愛禁止というルールに真っ向から勝負を挑み、運営を逃げれなくさせて(騒がれれば騒がれるほど良い)、表向き運営から卒業の決断をしっかり下させる、伝統ルールの復活という意図があるんじゃないかと思われる。

それは近くでみるきーの件も見ていたと思うし。もしかしたら事前にこの問題で運営と話し合ったが、処分において煮え切らない部分を感じていたのかもしれない。自主的な卒業なんてことは受け入れない。

キリストの復活ではないが、須藤凜々花は、自ら十字架に赴いて、すべての罪を被って死んで(卒業して)、…そして三日後に生き返る。という予定説を実行しようとしてるのではないだろうか。

このとき、生き返るのは須藤凜々花でなく、AKBグループ。

これによって、聖書なら新約聖書となり、これまでとは違う、新たな規範(ルール)が生まれる。

新たな規範が生まれる過程では、すべての人に何かしらの影響が訪れる。

ちなみに、この恋愛禁止に変更が起きた問題の発端は指原さんな訳で、あえて総選挙の舞台を選んだのは指原さんのラスト総選挙で、このすべての指原さんから始まったグレーなAKBの恋愛問題に終止符を打とうと思ったのかもしれない。

ここまで自分の最後の進退について考えていれば、すごいとしかいいようがないが。それは今後の状況で、真実が明るみになるであろう。


ちなみに今回の須藤凜々花の件は、AKBのうやむやな恋愛ルールの解消(メスを入れる)と同時にメンバーの中にいる希少な王道アイドルを炙り出すのに非常に有用な出来事だったと思う。

皆が同じ方向を向いて須藤凜々花にさも正義の鉄槌を下すかのように批判を繰り返されてると思うが、本来のアイドルなら、ここを批判することなく、どんなときでも自分の世界観で、与えられた仕事をただせっせと全うすべきだと思う。この騒動で遊ぶのはバラエティメンバーに任せて。

また今回の問題は、冷静に見れば、過去に例外はない出来事だけど、実際は大した問題ではない、問題はあるけど、それほど騒ぐほどの問題でもないのでは思うところがある。皆が過剰に反応しすぎている。

ちなみにそう思うようになった理由は、そういった騒動に対する批判的な反応で満たされているときにも関わらず、裏配信での太田夢莉のリアクションは、須藤凜々花に対して第一声に「(結婚)おめでとう!」とコメントしていたからだ。

これは非常に面白く、そして、この騒動に対する唯一出た正解のコメントだと思う。

まず、誰かの結婚が決まったなら、まずどんな状況であれ、最初に「おめでとう!」と祝う気持ちは、人間としてとても自然な反応で大事なことではないだろうか。

この太田夢莉の自然なコメントには、純粋な人としての素直さがあり、自分のことより他人の幸せを願う率直な気持ちがあわられている。

これは、総選挙が舞台だからとかそういう外部的状況に一切関わらず、どんな状態でも自分を見失っていないという部分で特筆すべき性格の良さだろう。特に誰もがあの時自分を見失っていて、須藤凜々花を攻撃することだけに向けられていたわけで。

あの時、みんなが空気を読めよという敵対心で、須藤に接せず、みんなが、太田夢莉のように、結婚おめでとう!と素直な気持ちで言ってあげたら、別に何も騒動になってなかったんじゃないだろうか。

なぜあれほどのギスギスした感じがあったのだろう。

自分も含めてだが、何かしら自分の中にある、総選挙はこうでなければならないというある固定化されたエゴが先に勝っていたこと、中止による様々なストレスがすべて、須藤凜々花に対して、必要以上に批判的で攻撃的な状況を生んでしまっていたと思わざるおえない。

須藤凜々花ファン、メンバーも含め、恋愛はダメだけど、結婚ならしょうがないかと割り切る位になっていなければ、現場をアイドル的空間として穏やかにまとめることができないのではないだろうか。

なぜなら、これまでの恋愛スキャンダルとは、別物の結婚問題である訳で、他の恋愛ケースと一緒に語るのは、実はナンセンスであろう。結婚と考えた場合、裏切られたという須藤凜々花に対する批判は、これまでのAKBの恋愛スキャンダルの中で唯一、今回に限り、的外れな指摘なのかもしれない。

なぜそこに太田夢莉以外、今回、現場のメンバーは誰も気づかなかったのだろうか。

ちなみにちょっと調べたら石田晴香が須藤凜々花の件に触れて、結婚おめでとうツイートしてた(笑)

やはり現場は皆冷静でなかったんだな。

太田夢莉と比べる必要も無いが、今回の件で外野の大島優子の須藤凜々花の件に対する、露骨な批判動画は、ただただ自らの人間的レベルの低さ(品位のなさ)だけを露呈させただけで、AKBファンとしても非常に見るに堪えないものだ。

あんな人が、過去に前田敦子と争って総選挙一位になっていたのかと思うと、非常に恥ずかしいと思うほどに内容がひどい(笑)

やはりどんな状態になろうとも、アイドルは、堂々としているべきだし、露骨な感情に任せた批判はするべきでないと思う。

そういうことを踏まえると、三連覇の指原さんの方が大島優子よりもよほど大人の対応していた。

なんかこれを言ってる自分が指原さんを容認してるようで、悲しい。



JUGEMテーマ:AKB48

スポンサーサイト

2019.09.08 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    • こんばんは!

      りりぽんってキリストだったんですか!世界を救うために現れ、犠牲になってくれたんですね(^_^)
      。。。とは思わないですけど、そういう事を考えてもおかしくはないかもしれないですね。
      問題提起が前提にあったとしても、それを知らずに巻き込まれたファンのお金は戻らないですし。
      改革するならなぁちゃんみたいにキャプテンになり模範になるだけはダメだったのでしょうか。処分のあり方が曖昧なのが問題なら、もともと処分が必要にならないほど、徹底的な意識改革をメンバー間で浸透させればいいのでは。
      ゆーりまでちょっと批判されてて悲しいですけどね。素直で好きですけど、あの嫌悪感の中で浮いてた。さや姉もブログで間近でりぽんという人の努力を見てきて信じてる、と書いてましたし。一時期の感情で流されてやったわけじゃないとさや姉も思っているのかなと思います。
      とりあえず会見してもらわないとよくわかりません。メンバーが生殺しなので早めにして欲しいかなぁ。
    • 小嶋推し | 2017/06/19 10:50 PM
    • 小嶋推しさん



      どうも!


      >りりぽんってキリストだったんですか!世界を救うために現れ、犠牲になってくれたんですね(^_^)


      りりぽんは、世界は全く救わないですけど、AKBの宗教(恋愛)改革には貢献してくれると思います。



      >問題提起が前提にあったとしても、それを知らずに巻き込まれたファンのお金は戻らないですし。


      知らずに巻き込まれてしまった使徒の皆さんは、気の毒ですけど、でも後世に残りますからね。あの時一緒に俺も20万払って、十字架を担がされたって(笑)


      >改革するならなぁちゃんみたいにキャプテンになり模範になるだけはダメだったのでしょうか。処分のあり方が曖昧なのが問題なら、もともと処分が必要にならないほど、徹底的な意識改革をメンバー間で浸透させればいいのでは。


      例えば、岡田奈々をキャプテンとした場合、岡田奈々が直接指揮するメンバー(新たなSTUメンバー)は、ある程度規範が保たれるかと思いますけど、西野未姫の件からもすでにわかるように、先輩または同期、直接手の届かない後輩をメンバーの力だけで取り締まる(教育する)のは、さすがに厳しいと思います。無いよりは合った方がいいですけど。

      結局どんなに口や行動で示しても、魔が差したら誰もが恋愛すると思います。柏木さんが良い例で、だって憧れのジャニタレが手の届く位置に居るわけですからね。そこを抑えろってのはやっぱり根本無理がありますよね。

      でも、過去はそれでも連帯感があって、今その連帯感が欠けている(風紀が乱れる原因がある)とするなら、原因は運営がメンバーと一緒に責任を取っているかどうかの違いしかないかなと。

      今は、違反が見つかったら運営に辞めろとだけ突き放されて、メンバーが運営と敵対関係になって、運営(支配人)に迷惑がかかるから、恋愛しないでおこうというのでなく、運営(週刊誌)にさえ見つからなければいいやって感じになってる気がします。


      >ゆーりまでちょっと批判されてて悲しいですけどね。


      太田夢莉も批判されてるんですか^^
      あんなに純粋に生きてる人を攻めちゃダメですよね。


      >一時期の感情で流されてやったわけじゃないとさや姉も思っているのかなと思います。


      そう考えると、恋愛をした部分(実際にしてるかもまだ謎ですけど)と発表した部分でも、根底の動機が大分違うような気がしますね。



      >とりあえず会見してもらわないとよくわかりません。メンバーが生殺しなので早めにして欲しいかなぁ。



      とりあえず、答え合わせを待ちたいですね。

      個人的に運営が公式に文章または支配人が同席して、クビ(卒業)を宣告したら、須藤凜々花の勝ち(恋愛改革成功)、逆に須藤凜々花本人が、自らの判断で自主的に卒業するとなった場合は、恋愛改革失敗ということでこの騒動を一応読んでいます。

      今までのみるきー以降、公に処分を下さなくなった運営の態度がこの騒動によって変わるかどうか、今回は注目ですね。

      さすがにメンバーの口から公に発表されたら、運営もスルーはできないですし。恋愛禁止条例は、今のAKBで本当に公式的に存在してるのかどうか。ここの判断によって、あきらかになりそう。


    • 管理人 | 2017/06/20 3:04 AM

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

         

    過去のボケネタが探せます↓

    tag

    • SEOブログパーツ

    にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ
    にほんブログ村
    ブログランキング
    ブログランキング


    Links